メルカリでギターを出品する際の注意

メルカリでギターを出品する際の注意

2020年8月2日
Hack

こんにちは。シンイチロウです。

この度、メルカリにアコースティックギターを出品し、ありがたいことに購入いただいたのですが、いざ、発送の際に、ちょっとややこしいことが発生しました。

僕としては、メルカリの出品をまあまあの数をこなしていまして、ルールもそれなりに頭に入っているつもりでしたが、ここにきて、ちょっとドキドキしてしました。

今回は、そんな、中級者でも意外と知らない発送の注意点をお話ししたいと思います。

そのケースはソフトか、ハードか

(ご存じの方も多いと思いますが)メルカリって、出品の際に、発送方法をどうするか、おおむね決めたうえで出品するんです。

サイズはあとで選べるので、決めるべくは、ゆうゆうメルカリ便(日本郵便)か、らくらくメルカリ便(ヤマト運輸)かの2択なんですが、

ゆうゆうメルカリ便の方はサイズが100サイズまでなので、今回のアコースティックギターは100サイズにはとうてい収まらないので、必然的に、らくらくメルカリ便を選んで出品しました。

ある程度、大きいものって、梱包に頭を悩まされるんですが、まあ売れてから、大きいダンボール使って、(必要であれば買ってきて)梱包するか、といった程度に考えていました。


さて、ぶじ売れまして、どうやって送るかちょこっと検索してみたところ、なんと、ヤマト運輸さんのHPの、『よくあるご質問(FAQ)』に、

''ハードケースが無い場合や、ソフトケースによる梱包では、楽器を送ることはできません。''なんて書いてありました。

胸がざわざわしてきました。僕のギターはソフトケース、、、なのです。

ちょっと真剣になり、もっと検索してみると、ソフトケースでもしっかり緩衝材を巻き、キチンとサイズに合ったダンボールで梱包をしたら、引き受けてもらえたとのコメントもあったので、

ひとまず、梱包材をamazonで検索してみると、やはり需要はあるらしく、何件かのギター/キーボード用ダンボールというものがHitしました。

そのうち1件を早速、注文。

メルカリで購入いただいた方には、取引メッセージでその旨を伝え、少々、お時間いただくことで理解していただきました。