メルカリでギターを出品する際の注意

メルカリでギターを出品する際の注意

2020年8月2日
Hack

専用ダンボールは、注文した2日後に届きました。早速、チェックしてみると、

(すみません。写真を撮らずに送ってしまいましたので、文章のみの説明となります)

大きな170サイズのダンボールは、さすが専用というべき、縦・横・高さの寸法はピッタリでした。

しかし、amazonのレビューにも書いてありましたが、ダンボールの厚みは特別しっかりしているわけではなく、いたって普通。緩衝材(プチプチ)の量はちょい少ない。

と、まさにそのとおりの内容でした。このまま持って行っても引き取ってもらえない予感マンマンでしたので、追加の補強を行うことにしました。

(追加した内容まで書き出すと、いくらでも文字数を使ってしますので、ここはリストにて説明します)

  • 弦とフレットボードの間に厚めの紙を挟む (フレット保護)
  • ソフトケースのうえから緩衝材で包み、ヘッド側を多く余らせ、頭頂部分を保護
  • 付属の、ネック部を固定するダンボールパーツに、家にあったダンボールを切り貼りして補強
  • さらに家のストックの緩衝材を使い、ネックの周りにグルグル巻き
  • ソフトケースの底面(背面ではなく)に座布団替わりに緩衝材をひく

さて梱包が終わった時点で、念のため、ヤマトのセンターに電話して、こんな感じで送ろうと思っていると伝えると、案の定、楽器はちょっと、、、といった感触でしたので、

いえいえ、専用のダンボールを買ったのです、緩衝材もしっかり巻いたのですということを熱っぽく伝えたところ、まあ、専用のケースに入っているのであれば、

ということで引き取ってもらえそうな手ごたえを得たのですが、またここで、一つの問題が発生しました

実はらくらくメルカリ便では送れません

上記でも書きましたが、梱包サイズは170サイズ。なんと、らくらくメルカリ便の上限は160サイズまでで、それ以上は、ヤマト便というサービスで送らなければなりません。

これの何が問題って、匿名での発送ができないってことなんです。

つまり、購入者さんに、住所・氏名・連絡先を聞かねばなりません。

匿名発送って条件だから購入したのに、って言われたら返す言葉がないのですが、今回は、理解いただき、それらの情報を取引メッセージで教えていただきました。

いざ、ヤマトのセンターへ

いよいよセンターに持ち込みます。

ここでも念のため、完全に封はせず、ひとまず梱包状態を見てもらうことにしました。

結果として、『ギターを発送する専用ダンボール』であるというところに信頼をしていただき、引き取っていただきました。

先に検索していた際に、万が一、配達にて破損など不具合が発生しても責任は問わないの一筆を書いたというコメントもありましたが、

今回については通常どおり、保険にも入ったうえでの発送となりました。やれやれ。

シンイチロウの結論

メルカリにて楽器を出品する際は、思っているより、発送費用がかかります。

ですので、できるだけ、友人・知人に買ってもらう。のがいいと思います。
手数料も取られませんし。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

>>ちょっと支えるブログ 記事一覧