マーチンのミニギター その種類と比較

マーチンのミニギター その種類と比較

2020年8月16日
Guiter

※2022/1/11 最新の情報に更新しました。更新箇所は斜体にしています

こんにちは。シンイチロウです。

老舗で高級ギターブランド、マーチン社のミニアコースティックギターをご存知でしょうか。

リトルマーチンという名称で、サイズは少し小さめ、お求めやすい価格ながら、しっかりマーチンのサウンドがするということで、大人気です。※タイトルの写真はリトルマーチンではありません

しかし、リトルマーチンにも複数の種類が発売されており、いざ買おうにも、自分にとってどれが最適なのか悩みます。(実際、悩みました)

今回は、そんなリトルマーチンのモデルをひとつひとつ、解説したいと思います。

モデルは9種類

2020年8月時点で、確認できるモデルは9種類あります。さすが、人気の高さがうかがえます。

  • LXM
  • LXK2
  • LX BLACK
  • LXME
  • LX1
  • LX1E
  • LX1E Ed Sheeran
  • LX1R
  • LX1RE

※2022/1/11時点において、日本のMARTIN CLUB JAPANのHPには、LXM、LXME、LX1E Ed Sheeranの掲載はなく、
また、マーチン社(www.martinguitar.com)のHPにおいては、LX1、LXK2、LX1Rの記載しかありませんでした。記載のないモデルについては参考情報としてご覧ください。

それでは、大きく4つのパートに分けて解説していきます。

LX系 (LXM、LXK2、LX BLACK)

まずはLX系です。 (写真はLXK2)

こちらは、ボディのトップ、サイド、バックの全てがHPL(ハイプレッシャーラミネート)という人工木材で作られています。3つとも、基本的なスペックは同じながら、それぞれ色目を変えていて、

LXMは、トップにスプルース柄が、サイドとバックにマホガニー柄がプリントされています。
LXK2は、トップ、サイド、バック、全てがハワイアンコア柄
LX BLACKは、名前のとおり、黒色です。

こちらは一番、お求めやすいシリーズで、MARTIN CLUB JAPANのHPでは、K2とBLACKが52,800円です。(Mは掲載なし)

LX BLACKについては、以下のリンク先(amazon)から確認ください。

>>Martin アコースティックギター Little Martin Series LX BLACK Black

LX1

こちらは、LX系のアップグレードモデルで、トップ材がスプルースという木材になります。(サイドとバックはHPL)
一般的に、スプルース材を使うと、高音がハッキリ、クッキリになると言われています。
LXMに比べ、サスティーンが増すなんてレビューもよく見かけます。

お値段は、MARTIN CLUB JAPANのHPで、57,200円です。(LX系から4,400円アップ)

LX1R

続いて、LX1Rです。

2020年に出たの最新モデルで、トップはLX1と同じくスプルース材。サイドとバックはHPLながら、ローズウッドの木目がプリントされています。

その他の変更点として、べっ甲柄のピックガード指板のインレイ、サウンドホール周りのヘリンボーンロゼッタ柄があり、主にデザイン面のアップグレードと言えるでしょう。

お値段は、MARTIN CLUB JAPANのHPで、57,200円です。(LX系から4,400円アップ、LX1と同じ値段!)

エレアコ系 (LXME、LX1E、LX1E Ed Sheeran、LX1RE)

モデル名の最後にEがつくモデルです。 (写真はLX1E)

タイトルからお分かりのとおり、それぞれのモデルのエレアコ版です。ピックアップがついているので、シールドを繋げば、すぐにでもライブが可能です。エレクトロニクス部にモデルごとの差異はありません。

なお、LX1E Ed Sheeranは、Ed Sheeranシグネチャーモデルで、ボディトップにEd Sheeranのアルバムのロゴが描かれています。過去、数モデルが発売されているようです。

お値段は、MARTIN CLUB JAPANのHPで、LX1E、LX1REともに66,000円です。(LXME、Ed Sheeranモデルは掲載なし。LX1、LX1Rからそれぞれ8,800円アップ)

LX1REについては、以下のリンク先(amazon)から確認ください。

>>Martin / LX1RE マーチン エレクトリック アコースティックギターエレアコ LX-1RE

おまけ

あと、シリーズとしては外れてしまいますが、負けずに人気なこちらも紹介しておきます。

おすすめチューナー

ここでひとつ、おすすめのチューナーを詳細させてください。それは、こちら。

長らくギターから離れていた人は、びっくりすると思いますが、チューニングの精度がもの凄く高いです。

僕も知りませんでしたが、最近はストロボチューニングという合わせ方があるようで、そちらにも対応しています。

詳しくはリンク先を見ていただければと思いますが、実際に買って、試してみたところ、僕史上、一番ピッタリとチューニングできました。コードの鳴りが違います。

シンイチロウのおすすめリトルマーチン

最後に、僕、シンイチロウが勝手に選ばせていただきますと、

エレアコを買うのであれば、(いまやLX1E、LX1REが同じ値段なので)LX1REがお得ですよね。

エレアコではなく、普通にアコギであっても、アップグレードモデルのLX1Rがいいと思います。
(以前はLX1の方が安かったのでLX1をお勧めしていましたが、値段が同じであれば、僕ならLX1Rを選びます)

ちなみに僕は、調べたあげく、結局、Baby Taylorの初期モデル(ハードケース付き)の中古をメルカリで買いました。そちらの記事も将来、ポストしたいと思います ※すいません。まだ、記事あげていません…

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

>>ちょっと支えるブログ 記事一覧